「働きがい」が組織にもたらすもの

なぜ、「働きがいのある会社」を目指すのか?

それは経営者にとって「事業目標を達成する」ために一見、遠回りのようでいて"近道"であるからに他なりません。従業員が“働きがい”を感じ活性化している職場では、健全な企業文化が土台となり、従業員の自発的かつ生産的な活動が日常的に行われています。そしてそれが利益という結果となって表れていることを、私たちは長年の企業研究から分かってきました。

「働きがいのある会社」ランキング上位カンパニーの共通項とは?

マネジメントと従業員の間に「信頼」があり、従業員が自分の仕事、会社に「誇り」を持ち、従業員同士に「連帯感」がある職場です。リーダーとメンバー、トップと従業員の信頼関係が深まれば、その相互作用によって会社の体力が向上し、ひいてはこのダイナミクスが収益をもたらす原動力になっていきます。

従業員 働きがいのある会社のベースにあるのは「信頼」 マネジメント

健全な企業文化、活気ある職場は、偶然の産物ではありません。トップが決断をすれば、現場のマネジメントがそれに向けて動き出します。信頼関係を深めるにはどうしたらよいか?"「働きがい」を高めるリーダーシップ研修 JOURNEY!"は職場づくりの担い手に火をつける第一歩として、最適なプログラムです。

導入にあたってのご相談、ご希望、研修内容についての詳細なお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ
03-6331-6100
(代表)
平日 9:00-17:00

「働きがい」に関するよく寄せられるご質問です

Q 「働きがい」は業績に"効く"のか?

A 「働きがい」と企業株価の関係は、これまでの調査から一定の相関が見出せます。

詳しくはこちら

Q 「働きがい」と簡単に言っても、職場の変革には費用がかかるのでは?

A 「働きがい」を高めるのに、財務的な投資は必ずしも必須というわけではありません。

詳しくはこちら

調査・参加お申込み

ランキングに参加せず、従業員意識調査のみの実施は通年でお申込み可能です。詳細はお問い合わせください。