Lively Woman(働く女性のための研修)

ライフイベントと共に、幸せに働くための研修
Lively Woman

ライフイベントと共に幸せに働くために、周囲との関係性の質を高めるプログラム

女性はライフイベントの変化に伴って仕事や働き方の選択を迫られることが多いものです。また、ライフイベントの有無にかかわらず、取り巻く環境・関係性の影響を受けやすく、モヤモヤを抱えがちです。
イキイキと幸せに働くためには、「仕事」と「プライベート」双方の関係性を見つめ、自分自身が感じているモヤモヤを受け止めること。そして、「仕事」における環境を整えていくことが必要だと私たちは考えます。
「仕事」の環境を整える上で大事な要素のひとつとして、周囲との関係性があります。関係性のベースになるものは信頼であり、周囲との信頼関係をどれだけ構築できるかが、「働きがい」を高めるための鍵となります。
本研修では、Giftwork®という考え方を用いて、周囲との信頼関係を構築し、関係性の質を向上するためのコツを学びます。
Lively Womanとは「さまざまなライフイベントと共に、働きがいを持ち続けて活躍している女性」だと私たちは定義しています。

ねらい

  • 1.
    女性ならではの「モヤモヤ」を受け止め、ライフイベントと共に幸せに生き、働きがいをもって働くためのヒントを持ち帰る
  • 2.
    周囲との関係性の質を向上させるために、自分自身ができることを増やす

対象者

働く女性(ライフイベントによって仕事と生活のバランスに悩みを抱えがちな20代中盤~40代中盤までがメインターゲットです)

実施形態

講師派遣型(オンライン実施 Day1:3時間 + Day2:3時間)

対面実施、1日版もご相談を承ります。

1クラスあたりの推奨人数 16名(最小4名)

特徴

働く女性の意欲・やりがいに影響を与えるモヤモヤに向き合う

女性活躍推進の流れの中で、女性の「働きやすさ」は格段に高まりました。結婚をしても出産をしても、働き続けるという選択肢は当たり前のものとなっています。一方、さまざまなライフイベントを前に、「いつ、どの人生を選ぶのか」という選択を突きつけられる回数が、男性よりも女性の方が多いと言われています。そのたびに心の中に湧き上がるモヤモヤが、女性の「やりがい」を阻害します。本研修ではそのモヤモヤに向き合い、自分自身の「やりがい」「働きがい」を最大化していくための方法論を学びます。

オープンなコミュニケーションによる、共感と気づき

身近な環境の受講者間で、相互に意見交換を行うことで具体的なヒントを得ることが期待できます。一方的な講義ではなく、受講者自身に思考を深めていただく質問を多く投げかけることで、積極的なグループディスカッションを促します。

具体的なケースを使った実践的な学び

信頼という目に見えない関係性をどう築いていったらよいのか?具体的な方法を頭で理解するだけでなく、実践につなげていくためにケースを読んで考えてもらうワークが多く組み込まれています。まず個人で取り組み、その後、グループで議論を深めてもらいます。研修を2回に分け、実践期間をはさむことで新しい概念・スキルの定着を促します。

プログラム

Day1 自身の価値を高めてLively Woman として幸せに働くために、知っておくとよいことを学ぶ フィールドワークDay1で考えたことの実践 Day2 Giftwork®サイクルを更に使いこなすためのケースワーク Giftwork®サイクル実践の4つのステップをアップデートする モヤモヤ度を振り返る 明日からのGiftwork®を考える

Day1:3時間 + Day2:3時間 (実践期間2週間~1か月程度)

受講者の声

  • これまで何でも自分で抱えて頑張ってきたけれども、周囲の力を借りながら成果をあげていくことがむしろ求められているのだとわかった。これからは周りの協力を仰ぐことも仕事のひとつだと思って取り組みたい。もちろん、自分ができることは一所懸命やるということが大事なんだけれども。
    (短時間勤務のワーキングマザー)
  • 自分から意識して周囲との関係性を見直すことが大切だと思った。育児中で周囲に迷惑ばかりかけていると引け目に感じていたが、悩んでいるより、できるときにもっとプラスの関係性を築くことが大切だと学んだ。
    (中堅女性社員)
  • まずは自分から行動を起こすことで、より自分の可能性を広げていきたい。自分自身が自分の可能性を狭めてしまっていたのかもしれない。
  • 改めて考えてみると、人との関係次第でプライベートの状況や仕事のパフォーマンスが大きく影響されているなあという実感を持った。色々不満に思うことが多い日々を過ごしていたが、自分次第で環境を変えていくことはできるという勇気がもらえた。

導入にあたってのご相談、ご希望、研修内容についての詳細なお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ
03-6331-6100
(代表)
平日 9:00-17:00