「働きがいのある会社」
認定・ランキングの評価方法

「働きがいのある会社」 認定・ランキングに対して
こんな印象をお持ちではありませんか?

  • どういう考え方に基づいて評価されているの?

  • 従業員は本当に本音で回答しているのか不安。

  • 信頼できる認定・ランキングなのだろうか。

「認定・ランキングの評価方法」についてご説明します。

「働きがいのある会社」の考え方

「働きがいのある会社」調査に参加した企業は、
GPTW が定める全員型「働きがいのある会社」モデルに基づいて、評価されています。

マネジメントと従業員の間に「信頼」があり、
一人ひとりの能力が最大限に生かされている(For All)会社のこと。
優れた価値観(バリュー)リーダーシップがあり、
イノベーションを通じて財務的な成長を果たすことができる。

特に重要なのが「信頼」です。
「信頼」はリーダーへの“信用”、従業員の“尊重”や“公正”な扱い、そして仕事への“誇り”と仲間との“連帯感”からなります。
モデルは時代と共にアップデートしています。

「働きがい」の測り方

GPTWでは、2つのアンケートを用いて会社の働きがいを測っています。
アンケートの設問は、全員型「働きがいのある会社」モデルがベースになっています。

  • 働く人へのアンケート
    (エンゲージメントサーベイ/従業員意識調査)

    肯定的な評価(4と5)をした回答者の比率をスコア化しています

  • 会社へのアンケート
    Part1,Part2

    複数の評価委員により、Great Place To Work®世界各国共通の基準に基づいて評価しています

    • Part1
      会社概要、基本的な人事データに関する設問

    • Part2
      企業文化や会社方針、
      人材に関する施策・制度に関する設問

Great Place To Work® の名の通り、
「 私の会社は Great! 」 と言えるレベルであるかを評価するため、働く人へのアンケートでは肯定的な回答のみを使ってスコア化しています。

  • 働く人へのアンケートのスコアが、
    一定水準を超えた企業は、「働きがいのある会社」として認定します。

    認定企業一覧はこちら

    約40%の企業が認定されています!

  • 両アンケート結果を加味し、認定企業のうち特に働きがいの水準が高い上位100社を
    「働きがいのある会社」ランキング
    として表彰しています。

    最新のランキングはこちら

    上位100社

女性ランキング・若手ランキングなどのサブランキングでは、ランキング毎に異なった観点から評価しています。

よくあるご質問

q

上位のプランのほうが評価されやすいのでは?
調査プラン、業種・業態、 外資・内資 などによって評価基準が変わることはありますか?

a

そのようなことは一切ありません。評価基準は全ての参加企業において同じです 。

q

認定・ランキングに入るためにわざと良い評価を付けるなどの不正行為への対策はありますか?

a

調査実施企業には、肯定回答の強制や回答自体の強制を禁止している旨をお伝えしています。
またアンケートの一番最後に、当調査の実施にあたり会社側から肯定回答を促すなどの働きかけが無かったかを問う設問があります。その結果に一定の悪質性が確認された場合は認定・ランキングへの参加を取り消すことがあります。

q

調査回答者の匿名性は担保されているのでしょうか?

a

はい。率直な回答をして頂くために、いかなる理由でも個人の回答結果を調査実施企業にお渡しすることはございません。

q

「働きがいのある会社」認定を受けた会社以外にも、働きがいの高い会社はたくさんあります。
一部の企業しかエントリーしていないランキングにのる/認定されるということに、どういった価値があるのですか。

a

残念ながら日本にある全企業を調査できていないのは確かです。
しかし、GPTWでは働く人へのアンケートのスコアが一定水準を満たした企業を認定しています。
よって、母数 が少なくても働きがいが高い 会社が認定される仕組みになっています。
より良いランキングがお届けできるよう、GPTW は調査数拡大に尽力して参ります。

「働きがいのある会社」認定・ランキングに参加するには、
エンゲージメントサーベイ(従業員意識調査)の導入が必要です。

エンゲージメントサーベイ(従業員意識調査)とは

採用広報に使える 働きがい認定・ランキング 2024年3月末までのお申込みで早期割引適用! お申込みはこちら