Giftwork® とは?

「働きがいのある会社」のベースは「信頼」

「働きがいのある会社」のベースは、マネジメントと従業員の間に「信頼」があり、従業員が自分の仕事、会社に「誇り」を持ち、従業員同士に「連帯感」がある職場です。リーダーとメンバー、トップと従業員の信頼関係が深まれば、その相互作用によって会社の体力が向上し、ひいてはこのダイナミクスが収益をもたらす原動力になっていきます。

従業員 働きがいのある会社のベースにあるのは「信頼」 マネジメント

「信頼」を生み出す Giftwork®

従業員や経営・管理者層がお互いに、当初の期待や要求を上回るものを提供することで、組織全体や人間関係の向上に寄与できる相互交流のことを Giftwork® と呼んでいます。

「働きがい」のある職場では、頻繁にGiftwork®がやりとりされています。それが、職場内ので信頼レベルを高め、企業文化として定着していきます。

「Giftwork®」の例

これまで上司にしてもらったことで、印象に残っている出来事はなんですか?

若手社員時代、やりたかったプロジェクトを任せてもらった。「思い切りやれ、責任は俺が取る」と言ってもらった。

新製品開発で、メンバー全員が夜遅くまで仕事続きだったある日、入社式でしか会ったことのない、雲の上の存在である社長が、「差し入れだ」といって、自ら弁当とお酒を買って持ってきてくれた。

重要な会議がある朝、子供が急に熱を出してしまった。いつも頼っている両親が不在で、仕方なく多忙な上司に相談したところ、「俺がやっておくので、気にせずお子さんについててあげなさい」と言ってくれた。

この会社に転職する際、自分はやっていけるのだろうか、歓迎されるのだろうか、と非常に不安だった。入社の数日前に配属予定の職場の上司から、「入社を心待ちにしています」との直筆の手紙を受け取った。

部下の方に上司との「印象に残るできごと」をお聞きすると、管理者としての「当たり前」な、「期待通り」の行動を上げる方はあまりいません。自分の状況や能力、普段の上司の役割や行動などからみて「期待を超える」行動をしてもらったことは何年たっても印象に残っています。

調査・ランキング参加