コロナ禍は企業内のコミュニケーションと働きがいをどう変えたか

更新日 2021.06.092021.05.10メディア掲載

『人事実務』(2021年1月号)に当機関代表・荒川の取材記事が掲載されました。

コロナ禍によって企業内のコミュニケーションや働きがいはどう変わったのか、ニューノーマル時代に人事はどういった役割を担っていくべきかについて語っております。是非ご覧ください。く

コロナ禍は企業内のコミュニケーションと働きがいをどう変えたか

  • 日本企業の働きがいのレベルアップを図るランキング
  • 「信頼」が働きがいのある会社のベースとなる
  • 全社員が働きがいをもつために越えるべき大きな障壁
  • コロナ禍で経営層の積極的な発信が好感を得た
  • リアルなコミュニケーションの減少で不安要素も
  • 下がったスコアの裏にメンタルヘルスに関わる重要な問題が
  • 人事はニューノーマルな働き方プロジェクトの旗振り役に
  • いまを企業文化を強化する好機とせよ
  • 人事実務(2021年1月号)

    『人事実務』2021年1月号(21.1.1)[産労総合研究所刊]

    「働きがいのある会社」を
    目指しませんか?

    GPTWは世界約60ヶ国・7,000社以上の導入実績を活かし、企業の働きがい向上や広報をサポートします。

    • 自社の働きがいの現状を可視化したい
    • 働きがい向上の取り組みを強化したい
    • 採用力・ブランド力を向上させたい