ランキングについて

「働きがいのある会社」ランキングとは

「働きがいのある会社」ランキングは、「従業員へのアンケート」と「会社へのアンケート」のそれぞれの回答に対する評価に基づいて確定しています。一定水準を満たした企業はベストカンパニーとして、年に一度ランキングと共に有力メディアに掲載されます。ベストカンパニーに選出されることで、「働きがいのある会社」としての認知度が上がり、従業員のモチベーション向上や、広報・採用活動におけるアピールポイントにつなげることができます。

評価の配分

アンケート調査の結果は、次のように配分して評価を行います。

評価基準について

評価基準は、Great Place to Work® Institute 世界各国共通です。複数の担当者が評価を行い、複数回のミーティングを通して、評価の偏りを排除しています。

「会社へのアンケート」については、Part2の企業文化や会社方針、人材に関する施策・制度に関する設問に対しての回答を、以下の5つの観点で評価していきます。この5つの観点が充実しているプログラム・取り組みが、「働きがいのある会社」により近づくものであると我々は考えています。

バラエティ
  • 多種多様なプログラムがあるか。
  • プログラムを実行するための多くの手段があるか。
オリジナリティ
  • プログラムは創造的/ユニークか。
  • プログラムはその会社で開発されたか。外部の事例などから切り貼りされたものではないか。他社の単純な真似ではなく、自社なりの解釈を加えたものか。
包括性
  • プログラムとポリシーは、地位、年齢、性別、人種などに関わらず、全員を対象とし、利用可能としているか。
  • あらゆる地位の社員が、プログラムの作成および実行に関わっているか。
人間味
  • プログラムやポリシーは、配慮、思いやり、尊敬の感情があるか。
  • 個々人の状況や考え方の違いに配慮しうるものであるか。
統合性
  • プログラムは、共通のテーマ、コンセプト、哲学によって作成されているか。
  • プログラムは、企業のビジョン、ミッション、バリューと結び付けられているか。

評価方法の詳細や各社の評価に関する具体的なフィードバックは行っておりません。

調査・ランキング参加